人気一位で圧倒的に支持されている話題の資格!資格の取り方、取得方法ガイド!
お得に最短で取得してください!
無料のご案内や一番安く受けられる講座のご案内も!

無料で資格取得!医療事務講座のハローワーク

口コミで一位!取得の為のハローワーク講座!
医療事務 ハローワーク《講座や資格が無料!》
≪医療事務の資格が無料で受講可!≫

不景気と叫ばれる中、安定した仕事に就きたいということで
最も人気なのが医療事務。最近は男性も関心を寄せている方が増えています。
どの仕事も転職率や離職率が高い中、医療事務は比較的離職率が低いのは
不景気という影響もあるかもしれませんが
やはり安定しているという証でしょう。
また時代の流れからいっても、安定した職業の一つと言えるのは間違いありません。
当サイトでは無料で受講できるという医療事務のハローワークを
どこよりも詳細なご説明を交えてご案内させていただきますのでご参考になさって下さい。

まずハローワークでの医療事務の資格取得講座は
全国どの自治体でも常に必ず行っているというわけではございません!
開催頻度や開催時期は自治体によって全く違いますので一度最寄りのハローワークに問い合わせをなさって下さい。

ホントに医療事務講座は全て無料?

医療事務 ハローワーク《講座や資格が無料!》
≪医療事務受講にあたっての必要な金銭的負担!≫

まずハローワークの医療事務講座は誰でも受けられるのか?
何らかの条件はあるのか?ということ点ですが
受講できる方は『無職』の方のみです。
例え派遣で働かれている方であっても、週に一回のみのアルバイトをしている方でも
受講対象とはなりません。
また専業主婦の方は無職になりますから申し込み可能な対象です。

次にハローワークの医療事務講座の種類ですが
実は医療事務講座は下記の2種類が用意されております。

①求職者支援訓練 ②公共職業訓練

求職者支援訓練、公共職業訓練は
お聞きになったことがあるかもしれませんが
①と②は何かが異なるのかと申しますと
①は雇用保険の受給資格のない方(主婦・前職で雇用保険に加入していなかった方)
②は雇用保険に加入していた方です。

ですから好きな方を選択して受講できるわけではありませんので
雇用保険の加入状況でどちらなのかご判断なさって下さい。

次にハローワークの医療事務は何から何まで
一切受講側の金銭的な負担はないのか?
完全に無料なのかということですが
上記の①も②も授業料は無料なのですが
テキスト代は実費が必要となります。
テキスト代の総額のいくらか?ですが
これは自治体によって金額が異なり
低い自治体では一万数千円から
高いところでは三万円程度必要となるのでご注意を。
またこのテキストは全国で統一されているわけではなく
その自治体が講座を委託している民間会社提供のものになり
問題集など充実しているところもあれば
簡素な解説書だけのところもあるようです。
このテキストはこちらから何が必要、 必要というのは指定できませんので。

ここまでご覧になられて、お分かりのようにあくまで授業料が無料ということなので
誤解なさらないようお願い致します。
ちなみに安くて最短で取得できる講座を比較されたい方はこちらにページを作成しましたのでチェックなさって下さいませ。
※医療事務の通信通学講座比較はコチラ!

無料の資格講座の倍率

≪受講資格さえあれば必ず受講できるの?!≫

ここまでハローワークの医療事務講座について触れました。
やはり授業料が無料というのは魅力的ではありますが
当然受講するわけですから、ご自身が受けたいと思い立った時に
いつでも好きな時に受講開始ができるかといえば、それは不可能です。

あくまでこの医療事務の無料資格講座は
自治体側が募集しているタイミングのみ可能で
委託先の民間学校側が、講座を開設するので、当然募集定員があります。

その募集定員というのも、自治体によってかなりの開きがあり
必ずこれくらいの枠があるという保証はありません。
やはり委託された民間学校側も
有料で申し込みをされている方もいらっしゃり
本音を言えば、有料で申し込みをされている方を優先するので
当然のことながら、有料申し込み者が増えると募集生徒数が減少します。
ですから、その時その時にならないと
実際に受講できるかどうか分からないのが実情です。

それだけではありません。
やはりこのハローワークの医療事務講座は常に人気の高い講座である為に
募集倍率が非常に高いのです。
どれほどの倍率かですが、決して1%や2%ではありません。
年々倍率が増えているようです。

また無料資格講座を受講したいと応募された方は民間学校側の面接があり
その面談の上で誰を受講可とするか判断されるので
ハローワークで受講したいと思っても
受講が開始されるまでにはクリアすべき壁や
それなりに長い時間が必要なこともご理解なさっておいて下さい。

そしてよく誤解されていると聞きますが
このハローワーク経由で無料資格講座を受講されたからといって
就職に有利に働くことは一切ありません。

偶然就職に有利だったという情報を見つけたとして、あくまでその方がそう感じただけで、そもそもハローワークは人手を募集している企業と働きたいと願う人材をマッチングするだけの役割で、特別な斡旋をしたり、便宜を図ることは禁じられています。

またお仕事の採用をするのは、あくまで民間のクリニックや病院であり
どこで資格を取得したのかは、関係のないことです。
要するに求める側が、その人材は適しているのかどうかを見極めるわけですから
ハローワーク経由だからといって、資格取得は資格取得、求職は求職ということです。

またハローワーク以外の通信講座や一般講座ですが
医療事務講座は教育訓練給付制度の対象になっておりますので
講座終了後に講座費用の20%が、ハローワークから給付されます。

但しこれにも条件があり、無条件で給付されるわけではなく
講座申し込みの時点で
通算の雇用保険加入期間が3年以上(初回に限り1年以上で受給可能)
また退職日から一年以内の講座申し込みであれば給付されます。

ご自身の雇用保険の状況や加入期間が不明であれば
お近くのハローワークでお問い合わせください。

医療事務の資格取得はハローワークにすべきか他にすべきか?
それは何を重視するかによって異なるかと思います。
当然ハローワーク以外にも講座があり
現在は細かなニーズに対応してもらえる講座も増えています。
そんな色々な講座をチェックされてから
最終的にお決めになることが望ましいかと思います。

ちなみに様々な医療事務の講座や、人気のある講座
最短で取得できる講座をお知りになりたい方は下記でご覧いただけますので、ご確認いただければと思います。

それでは一日も早く、ご満足いく人生を実現なさって下さい。感謝!



ハローワークの制度が改正の際は医療事務情報は更新予定

ハローワークの医療事務の資格講座に関しての制度や
受講条件は、国の方針によって変動することがございます。
2014年は特に制度変更はございません。
もし医療事務の制度等が改正になった場合は当サイトにおきましても
最新の情報をご提供させていただきますのでご安心下さいませ。

資格の取り方は通信講座を比較

医療事務の資格を取得される方のほとんどは通信講座を利用されています。
やはり時間のない方や現在他に仕事をしている方も多い影響で
最安値の講座をチョイスして取得されているようです。


医療事務の資格を取得して仕事を志望する理由

医療事務職員になりたい理由は人それぞれ違うのではないでしょうか。でもその理由が実際のところとマッチしているかどうはよく考える必要がありそうです。


「事務仕事って楽そう」と考えている人がいれば、それはちょっとした勘違い。


リアルな現場は意外と大変です。決して楽な仕事ではなく、一般企業の事務職の方が大抵の場合には楽に働けるのではないでしょうか。


「資格があるので社会的地位が高い」と考えている人も少し勘違いしているのかもしれません。医療事務は働くのに資格は必要ありませんし、持っておいた方がいいかもしれませんが、病院内で行われる研修でも十分に知識を身につけることは可能。給料の面を見ても決して優遇されているわけではなく、社会的地位が高いとも言い切れないでしょう。


「医療現場で働くことに興味がある」と思っている人は立派ですね。なりたい理由がもしこれであれば続けられるでしょうし、頑張れるのではないでしょうか。


看護師や医師を目指していたけど挫折してしまったという人ももしかしたら医療事務という仕事には合っているのかもしれません。注目度の高い職業ではありますが、どうしてそれになりたいのかを今一度考えてから資格取得や求人への応募を検討してみることをおすすめします。

最近は医療事務の資格取得が容易になっているので今がチャンスの時ではあります。

医療秘書の資格

医療事務と医療秘書、とても似たような名前の職種ですが、実際にやることは少し違います。医療事務は医療機関で事務仕事をする人と考ればわかりやすいのではないでしょうか。事務仕事と言えば、お客さんの対応をしたり電話での受付をしたり書類を整理したり郵便物を整えたりなどが思い出されますよね。


それを病院内で行うことになります。相手は患者さんや医療関係の企業などとなる点で一般の会社の事務とは異なりますし、レセプトを作成する点も医療機関独特の仕事内容ですが、大まかに見てみれば、そこまで大きな差はないのかもしれません。


医療秘書も一般企業の秘書とはそこまで大きな差はないでしょう。医師も出張があったり来客に対応したりなどしなければなりませんが、そのスケジュールを管理するのが秘書のお仕事。


担当する医師などにかかってきた電話に対応する、医師が業務上必要とする書類を作成する、学会などに同行するなども秘書の仕事として任されることになるでしょう。


医師だけではなく看護師のサポートをすることもあるかもしれません。これはその秘書がどのような立場になるのかによって異なってきますし、病院の体制によっても違いが出てくるでしょう。


事務は病院全体の運営が滞りなく進むために必要な存在であり、秘書は医師や看護師などが医療に専念するために必要な存在、と考えておくと両者の違いがわかるのではないでしょうか。

気になる医療事務の残業は?

医療事務で働こうと思っている人は、残業もある程度覚悟した上で働き出さなければなりません。主婦を含めた女性に人気のあるこの職種。ところが働いてみると給料は安いし残業もあるしで、思っていたように働くことができない、という現実が待っているでしょう。


もちろん全ての医療機関で残業があるわけではありません。 小さなクリニック、特に歯医者さんや眼科、美容整形クリニックなどでは診療時間がある程度決められており、予約制のクリニックも多いため、医療事務として働いたとしても定刻で帰れることが多いようです。


一方大きな病院ではそうはいきません。規模が大きくなれば必然的に患者さんの数が多くなりますし、その分のレセプトの作成もありますから、どうしても時間内に捌くことができず定刻を過ぎてしまうことが多くなるでしょう。 また、勤務形態にもよるようです。パートや派遣として働いている人は決まった時間に出勤・退勤することができ、生活のリズムは作りやすいのではないでしょうか。残業しなければならないのは社員さん。


医療機関によっては長時間居残って作業しているにもかかわらず、それに対しての手当がでないところもあるようですから、医療事務をひとくくりにするのではなく、どんな医療機関で働くのかも頭に入れながら求人を探すなり資格を取得するなりした方がいいでしょう。

有給って医療事務は取得できる?

ある一定以上働けば、必ず有給休暇を取得することができる、そう日本では法律で決められています。しかしそうもいかないのが実際のところで、会社は従業員に対して有給休暇を取ることを認めていない、正確には休暇を取ることができないような雰囲気にしている傾向があります。これが日本人は働きすぎだと言われるひとつの理由なのですが、これは一般企業だけではなく、医療機関にも当てはまることのようです。


医療事務であっても例外ではなく、恐らく多くの人が有給休暇を取得するのは難しいでしょう。法律的に見れば与えられるのでしょうが、それを消化するのは困難な雰囲気にあるのです。もし申請すれば与えてくれるとは思いますが、そのままそこで働き続けるのは難しいのではないでしょうか。


病院側も余裕を持って医療事務を採用しているわけではありません。


ギリギリの人数で回しているところが多いため、1人がそうやって休暇を取ってしまうと、長期休暇ではなくても業務に支障が出てきてしまうことが多いのです。


もしそういった待遇面を期待するのであれば医療事務は選ばない方が良い職種と言えます。ただ、もちろん対応は病院によって異なります。こういった待遇をキッチリやることを信条としている医療機関もありますから、面接の時点でそういった部分を確かめておく必要があるでしょう。

医療事務講座の資格と志望動機

医師や看護師ではなく、医療事務として働く人は履歴書や面接の際に病院側にどう志望動機を伝えればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。医師や看護師であれば直接医療に携わるわけですからさほど難しくはなさそうですが、事務仕事となるとあまり深く考えない人も多いのかもしれません。


この志望動機のみで採用・不採用が決まるとは思いません。もちろん医療事務を独学や通学講座、通信講座を経て、無事資格取得をされている方とそうでない方、また病院やクリニックの面接の際のアピールの材料とはなるので工夫したいところです。


まずはなぜ医療現場での事務なのかを明確に伝えた方がいいでしょう。家族の病気をきっかけに病院に親近感を抱くようになった人もいるかもしれません。人と接するのが好きで、一般企業の事務職だとそれが叶わないから病院での事務職を選択した、なども十分な動機になると思います。


また、なぜその病院を選んだのかにも触れておくと印象がよくなります。通勤に便利ということも入れておいていいですが、それだけでは弱い。その病院のシステムや理念、規模、患者として訪れた時の雰囲気など、その病院で働きたいんだという気持ちを吐露することで、より面接官にも伝わりやすくなるのではないでしょうか。


履歴書にあまり長く書きすぎてしまうと熱くなりすぎて読む方も疲れてしまうので、これらの志望動機を簡潔にわかりやすい言葉でまとめることも心がけましょう。面接で面接官に伝える時も同様のことに気を付けてください。